one and only ~ THE KIDDIE

「one and only」
THE KIDDIE

ダラダラ暴力だけで回る時代、未来
構わないで欲しいのに 感じてるよ
冗談半分、嘘半分 午後五時五十五分 チンプンカンプン
スクリーンの向こう側の小さな幸せにバイバイ

嘘吐き、ベソ掻き、石橋を叩き、悪足掻き
泣けばいいんでしょう、傷付けば嬉しいんでしょう?
もし僕が今を捨てたって明日も明後日もずっとずっと
僕は僕のままだから 立てた壁は壊してもいいよ

ずっと好きで、好きでいて欲しくて この歌も歌うのかな
あの雲のように ただ嬉しい顔見せて
君が笑って、——笑って「皆が幸せになる方法」
それが僕にできる唯一の魔法だったことにさえ気付けたの
だからアレもコレも痛くはないよ

届いてください 弱っちい声まで
三つ目の目でならちゃんと見えてる筈です
絶対なんてない あって欲しいだけ
神様は君じゃない

そうやって君の瞳の奥で輝く他所行きの僕は綺麗でしょう?
そうやって逸れた手は今でもまだ同じように探してくれていますか?

君が好きで、好きで…

ずっと笑って、——笑っていて欲しくてこの歌も歌うのかな
これが僕にできる唯一の魔法だったことにさえ気付けたの
だからアレもコレも痛くはないよ

‘one and only’
by THE KIDDIE

An age dragging onward, revolving only around violence,
I don’t want the future to care about me, but I feel it,
Half joking, half lying, 5:55pm, it’s all nonsense to me,
Bye-bye to the small happiness beyond the screen,

Telling lies, sobbing, striking a stone bridge, a vain struggle,
You’d be happy if I cry, right?  You’d be happy if I get hurt, wouldn’t you?
Even if I threw away now, tomorrow, and the day after too, on and on,
I am the way I am, it’s ok to break down the walls I built,

I’ve always loved you, wanting you to love me too, and maybe that’s why I sing this song,
Like those clouds, just show me a happy face,
You smile, —smile “a way to make everyone happy”,
I was even able to realize that’s the one and only magic I have,
That’s why THIS and THAT don’t hurt at all,

Please reach, even this weak voice,
You should be able to see it properly if it’s with the third eye,
There’s no such thing as absolutes, only wanting something to be,
You’re not god,

That’s right, isn’t the me who dresses up to go out and shines in the depths of your eyes lovely?
That’s right, is the hand that strayed still searching for me in the same way?

I loved you, loved you…

Always smiling, —I want you to smile, so maybe that’s why I sing this song,
I was even able to realize that’s the one and only magic I have,
That’s why THIS and THAT don’t hurt at all!

One thought on “one and only ~ THE KIDDIE”

  1. 歌詞よりも,先に一番手前の人の服に目が行ってしまいました…。

    *翻訳について*

    ダラダラ暴力だけで回る時代、未来/構わないで欲しいのに 感じてるよ:
    ここは難しいですね。多分,「未来に構わないで欲しい」のに,「未来を感じている」んじゃないかと思ったんですが,どうでしょうか。「Age dragging onward and revolving only around violence, I don’t want future to care about me (I want future to leave me alone), but I feel it」

    泣けばいいんでしょう、傷付けば嬉しいんでしょう?:
    まず,「〜ばいいんでしょう?」は,「私が〜すれば,あなたは満足でしょう?」というちょっと嫌みな言い方です。「It’s OK, right?」だと,「〜してもいいですよね」と同じで,許可を求める表現です。「You’d be happy if I cry, right?」
    そして,「傷つく」のは,「あなた」ではなく「僕」でしょう。「You’d be happy if I get hurt, wouldn’t you?」

    もし僕が今を捨てたって:
    「〜たって」は「〜ても」(even if)の口語です。

    立てた壁は壊してもいいよ:
    「立てた」=「立てる」(transitive)だから,「立てた壁」は「the wall I built」

    それが僕にできる唯一の魔法だったことにさえ気付けたの:
    気付けたのは,「僕」なんじゃないでしょうか。それに,魔法の持ち主は「僕」です。「I could even realize that that’s the only magic I have」

    弱っちい声まで:
    この「まで」は,「〜も含めて」とか「〜も一緒に」という意味だと思います。「Please reach, including/even the weak voice」

    絶対なんてない あって欲しいだけ:
    「絶対」は「absolute」では?「unconditional」は「無条件」でしょう。

    そうやって君の瞳の奥で輝く他所行きの僕は綺麗でしょう?:
    「そうやって」=「そんなふうに」,「他所行きの僕」=「出かける時のようにきれいな姿でいる僕」
    「Aren’t I lovely who dresses up and shines in the depth of your eyes like that?」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s