嘘 ~ シド

「嘘」
シド

あの日見た空 茜色の空を
ねぇ君は覚えていますか
約束契り初夏の風が包む
二人寄り添った

無理な笑顔の裏 伸びた影を匿う
だから気づかぬふり 再生を選ぶ

テーブルの上の 震えない知らせ待ち続けて
空白の夜も 来るはずのない朝も
全部わかってたんだ

あの日見た空 茜色の空も
ねぇ君は忘れたのでしょう
約束契り初夏の風に消えた
二人戻れない

音も色も温度も 半分になったこの部屋
今日も散らかしては 揺れ疲れ眠る

「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」君の言葉
今頃になって気持ちは痛いほど
だから 僕らさよなら

いつかまたねと手を振り合ったけど
もう会うことは無いのでしょう
最後の嘘は 優しい嘘でした
忘れない

あの日見た空 茜色の空を
ねぇ いつか思い出すでしょう
果たせなかった 約束を抱いて
二人歩き出す

‘Uso’ {‘Lies’}
by SID

The sky we saw that day, that pale red sky,*
Hey, do you remember it?
The early summer wind enveloping the two of us, cuddled up together and making promises

Behind my forced smile I harbor a long shadow,
So pretending not to notice it, I choose to restart

I go on waiting for an unfaltering notice on the table,
for the empty nights and mornings that shouldn’t come,
I knew about everything

The sky we saw that day, that pale red sky too,*
Hey, you’ve forgotten it haven’t you?
Making promises, vanishing in the early summer wind,
the two of us can’t go back

The sound, the colour, the temperature of this room have become half of what they were,
After messing things up again today, I waver, grow weary, and fall asleep,

“Deceive me well, okay? I like you because you hate lies” were your words,
but by now our feelings have become painful,
so for us it’s goodbye

Though we waved to each other saying “See you again someday”
we won’t meet again, right?
The last lie was a gentle lie,
I won’t forget

The sky we saw that day, that pale red sky,*
Hey, you’ll remember it one day, right?
Cherishing the promise we couldn’t fulfill,
The two of us walk onward

* The pale red colour mentioned is probably something like this.  Basically the pinkish-red colour the sky turns when the sun sets.

5 thoughts on “嘘 ~ シド”

  1. このあいだ、シドをテレビで見ました。しかもミュージックステーションで。結構メジャーなんですねえ。

    夕陽の色と二人の別れが重ねられていますね。定番。

    *翻訳について*

    茜色の空:
    日本語では夕陽が沈む時の空の色を「茜色」と言うのですが、英語では「madder」ですか。「mad」が語源?

    だから気づかぬように 再生を選ぶ:
    「気づかない」のは「私」でしょうか。「あなた」だと思うのですが…。「私」だったら、「気づかぬうちに」になると思います。それから「再生」は「play (DVD player etc.)」という意味もありますが、ここではその意味かどうかわかりません。

    音も色も温度も 半分になったこの部屋:
    翻訳では「半分になった」のが「部屋」となっていますが、半分になったのは音、色、温度です。

  2. そうですね。私もあのミュージックステーションを見ました。それはシドの初登場で、どんどんメジャーになるそうですけれども、最近シドの歌はちょっと定番になったと思います。関係があるかどうか分かりませんが、このシングルは特にそうなんです。

  3. はじめまして。シドで検索していて見つけました♪
    英訳してるんですね☆私も英語ちょっと興味あるんで素敵だなと思い
    やってみたいなとも思いました。

    ところで、私的な解釈なんですが、「再生を選ぶ」というところは
    恋人の心が自分になくなっていそうなのを
    うすうす気づきながらも、あえて気づかないふりをして
    そのままうまく再生しようとしている
    (生まれ変わるとかもう一度やり直すというような意味で)
    ととったのですが、rebirthとかかなぁと思いました。

    突然のコメントすみませんでした^^

  4. コメントありがとうございました!色々な人の解釈を聞くのは面白くて、うれしいです。
    英語に興味があればやってみたらいいと思います。とてもいい練習になるかもしれません。逆に英訳するのは私の日本語理解力をすごくあげたと思います。

  5. >>yukkiさん
    The sound, the colour, the temperature of this room have become half of what they were,

    は合っています。of this roomはその前の3つの単語にかかっているので、直訳すると「(この部屋の)音、色、そして温度も」となります。色と温度のあいだに”and”があったほうがより英語的だと思います。全てを「,」でつなぐということはあまりないので…3つ以上のものがandでつながれる時、最後から二番目と一番最後はandで結ばれますが、他は「,」で表記します。

    とてもいい英訳だと思いました^^素敵です!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s