記憶行き ~ Plastic Tree

「記憶行き」
Plastic Tree

さよなら。
僕の事が思い出せなくても泣かないでね。
お伽の国の嘘だ。ほんとはすこしだけ泣いてほしい。
午前4時。まだ暗い駅。
僕は始発を待っているところ。
消せないメールだらけ。
携帯を開けば、夢灯り。

願いごとひとつだけで、何処まで行けるのでしょう。
君まで続いているレールが優しく軋んだ。

電車は<記憶行き>です。
あのとき、「またね。」と告げた事。

世界が回りだします。
名残の月も白けた顔だ。
遠くへ連れてけたら、よりかかり笑ってられたかな?

硝子の窓に映る、きらめく光の川。
<君駅>通り過ぎて向かってく、最果ての街。

何故かなぁ、穏やかでさ、
理由(わけ)もなくそれがただ恐いんだ。

振子時計。ネジを飲んで動かしてみせます。
全ての日を越えて、息が止まる時まで忘れない

願いごとひとつだけで、何処まで行けたのでしょう。
君だけ居ないような騒がしいホームに降りた。

送らないメール書いた。
携帯を閉じたら、時明り。

知らない君の目には僕はどんなふうに映るだろう—。

~♦~

‘Kioku Iki’ {‘Bound for Memory’}
by Plastic Tree

Goodbye.
Even if you can’t remember me, don’t cry, ok?
That’s a lie from a fairy tale land.  The truth is I want you to cry just a little bit.
4am.  A station that’s still dark.
I’m waiting for the first train.
Full of texts I can’t erase.
If I open my phone, a dream light.*

There’s only one thing I wish for, I wonder how far it could go?
The rails stretching onward until you creaked gently.

This train is “bound for memory”.
At that time, it was announced “See you later.”

The world spins round and round.
The lingering moon at daybreak has a bored face too.
If I brought you far away would you have laughed, leaning against (me)?**

A sparkling river of light, reflected in the glass window.
Passing through “You Station”, heading for the farthest town.

Why is it, I wonder, without any reason,
the calm peacefulness is just scary.

A pendulum clock.  I’ll swallow a screw, show you I can put it in motion.
Passing all the days, until my breaths stop I won’t forget

There’s only one thing I wish for, I wonder how far it could go?
I got off at a noisy, bustling platform where only you were missing.

I wrote a text I won’t send.
If I close my phone, the time flashes.

How am I reflected in the eyes of the unknowing you, I wonder?

* The imagery here is of the cell phone being the one source of light in that place.
** Here it’s unclear whether the person would be leaning against the singer, or the wall of the train, etc.

新しい単語:
お伽=おとぎ a fairy tale, fantasy

One thought on “記憶行き ~ Plastic Tree”

  1. 恋愛を電車の旅にたとえることはよくあると思いますが,駅にたとえるというのはあまり聞きませんね。「記憶行き」というタイトルとあわせて,新鮮でした。

    最後の「知らない君」というのは,どういうことでしょうか。「僕」のことを知らないという意味だったら,「僕」はストーカー…?

    *翻訳について*

    何処まで行けたのでしょう。:
    翻訳は「can」ですが,「行けた」だから「could」でしょう。\

    送らないメール書いた。:
    「送らない」だから,「I won’t send」では?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s