空と糸 ~ ムック

「空と糸」
ムック

真っ白い小さな花 赤く染まって今風に揺れている
目を閉じて 眠るまで

ギザついた両耳浮き世 嘲、嫌う
中指の様に尻尾を立てて歩く

今降りやまぬ雨に濡れ
涙の様に渇れ果てたくて
孤独な明日にただ震えてた
君に出会えた日まで

しつこくまとわりつく 無口な少女
飽きもせず毎日ここへ 足を運ぶ

今降り止まぬ雨に濡れ
慈愛のふりで差しのべたエゴ
あの日の様に全て奪うなら
何も与えないでくれ もう何も

どしゃ降りの雨の中 傘もささずに一人で立ち尽くす少女
泣いているのか?
痛むのはどこだ?
言えよ

いつもみたいに笑うまで 側にいてあげよう

雨が全てを洗い流した
いつでも来いよここにいるよ
さよならのキス 照れる野良猫は 足早に道を渡る
ブレーキノイズ一時の間に
体は重く空はキレイで
君によく似た小さな花が悲しげに 揺れていた いつまでも

‘Sora to Ito’ {‘Sky and Thread’}
by MUCC

A small, pure white flower staining red, trembling in the wind,
Until you close your eyes and sleep.*

Both ears jagged and torn, mocking this fleeting world I hate…
I walk with my tail held up high as if it were my middle finger,

Now I’m drenched by the unrelenting rain,
wanting to quench my thirst as I do my tears,
I’d just been trembling in the face of a lonely tomorrow,
until the day I met you,

An obstinate, reticent girl following me around,
who made her way here everyday without giving up.

Now I’m soaked by the unending rain,
my ego** that reached out in affection,
If I’m to be robbed of everything like I was on that day,
Please, don’t hurt me by taking anything away…please, nothing more…

A girl who remained standing still, without opening her umbrella, alone in the middle of the driving rain,
Are you crying?
Where does it hurt?
Tell me

Until you can laugh like always, I’ll be by your side to the end,

The rain washed everything away,
Come by anytime, I’ll be here
A goodbye kiss, the shy, quick-footed stray cat ran across the road,
The noise of brakes screeching in the space of a moment,
Body feels heavy, the sky is beautiful…
The little flower that resembled you well was trembling in grief, eternally

* The kanji used here can also mean to pass away or die.
**  Alternately, ‘ego’ can mean “the self” in a more abstract sense.

新しい単語:
照れる=てれる to feel shy, awkward
野良猫=のらねこ stray cat

3 thoughts on “空と糸 ~ ムック”

  1. ムックの新曲ですね。新しいアルバムが3/4に出るようで、楽しみです ^_^

    最後まで歌詞を読んで、ちょっと悲しくなりました。この歌の主人公は交通事故で死んでしまったんですよね?悲しい…。

    この曲についてどう思うのか、解説や感想も書いてください。

    *翻訳について*

    今風に揺れている:
    「いまふうに」ではなく、「今、風に(いま、かぜに)」です。

    目を閉じて 眠るまで:
    翻訳だと「目を閉じてください、眠るまで」という意味になっていますが、「目を閉じて」は「眠る」を説明してます。

    ギザついた両耳:
    「両耳がギザギザだ」という意味で、別にピアスをしているというわけではないと思うのですが。

    涙の様に渇れ果てたくて:
    「渇れ果てる」で1語。「〜果てる」は「すっかり〜なくなる」という意味。

  2. 交通事故で死んだ少女は野良猫、主人公は野良犬みたいです。とても面白いイメージだと思います。社会に見捨てられた人はその寂しい世界を嫌う、「stray」のような存在になるという意味かもしれません。しかしその悲しい生活の中でも愛が見つけられるというメッセージがあると思います。

  3. 交通事故で死んでしまった哀れな野良猫の歌です。
    歌詞を見ずにしばらく聴いてましたが初めて歌詞を知った時、涙がでてしまいました。

    歌詞の冒頭は野良猫の最後から始まっています。

    自分の血で赤く染まった小さな花を、あの子に見立て
    遠のいていく意識の中で見つめている

    猫の荒れた風貌、猫はこの世の全てを憎み嫌っていました

    雨に濡れても、死んでもいいやと思いながら
    ただ孤独に生きていた、あの子に出会うまでは

    しつこくまとわりつく無口な少女は
    飽きもせず毎日ここへ足を運んでくる

    今降り止まぬ雨に濡れ
    哀れな俺に情けをかけてくれる少女
    でもそんなエゴはもうたくさん
                  …また捨てられるなら
    もう何も
    与えないでくれ!!

    どしゃ降りの雨の中、傘もささずに一人で立ち尽くす少女
    今日は元気が無い
    泣いているのか?
    痛むのはどこだ?
    言えよ

    いつもみたいに笑うまで、側にいてやるから

    やがて雨はやみ、全てを洗い流した
    荒みきった俺の心は
    彼女の涙と
    彼女の笑顔で
    いつのまにか晴れわたっていた
    いつでも来ていい、俺はここにいる

    さよならのキス、照れる野良猫は足早に道を渡る

    ブレーキノイズ

    俺の体は一瞬の間に宙を舞い、地面に落ちた
    体は重く、もう動かす事はできない
    ただ空はキレイで
    君によく似ている小さな花を見ていた
    眠るまで

    ちなみに少女が痛くて泣いてたのは、心です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s