イシュタル 〜 ギルガメッシュ

「イシュタル」*
ギルガメッシュ

枯れた砂漠の砂 雨が降り染み込んで
種が命宿し 深く根を生やしてく

咲いた花は 愛の花と呼ばれ
土の上で孤独を知る

愛する事で埋めてきたモノ無くしてきた心 優しい痛みと涙の数
狂ったように愛し合う事で傷付いた胸が 教えた本当の孤独

言葉も無い時代 感情だけで分かち合い
互いを求め合う それが愛の起源

何度何度 深く息をしても
満たされない感覚

どうしようもない現実が二人の手を引き裂いた まるでこれが罪かのように
貫いた槍は赤く染まり大地に突き刺さり 見せしめのように身を晒す

人は一人じゃ生きられないから誰か探す為
言葉手にしたそれが全ての始まりさ
『愛する事で傷付くのならもう何もいらない』
そんな言葉吐いたって ほらもう 求めてる

‘Ishtar’ *
by girugämesh

Rain soaks into the sand of the dried up desert,
A seed full of life, growing its roots in deeply,

The flower that blossomed was named the flower of love,
and will know loneliness upon the surface of the earth,

Things buried and my heart that was lost in loving, the gentle pain and number of tears,
true loneliness I learned from my heart that was scarred by loving one another as if insane*

Times when there are no words, and we part with just our feelings,
Longing for the other…that is the origin of love

No matter how many times, how many times I take a deep breath,
the sensation does not satisfy me

The reality that couldn’t be helped tore apart the hands of those two, just as if this were a sin,
The spear that pierced through was dyed red, stuck into the ground, and exposed my (heart) like a warning example**

Well, ’cause people can’t live alone, in order to find somebody
they take these words in hand and that’s the beginning of it all,
“If I get hurt because of loving someone, I won’t need anything anymore”
uttering such words, look at me, I’m still in pursuit

* ’狂う’ implies that it was a deranged, crazy, obsessive infatuation.
** ’身’ includes the concepts of self, body, heart, and soul.

*この歌のタイトルと内容そしてこのバンドの名前はとても面白い関係があります:
The title and lyrics of this song relate to this Babylonian goddess, who also has ties to the hero Gilgamesh:
English – Ishtar
日本語 – イシュタル

4 thoughts on “イシュタル 〜 ギルガメッシュ”

  1. 神話では、ギルガメシュはイシュメルを拒否するんですね。このバンドのコンセプトは「男魂」(male spirit)で、性愛の神を拒否するが、なんだか「男魂」なのかなあと思いました。

    *翻訳について*

    愛する事で埋めてきたモノ無くしてきた心:
    「モノ」と「心」は並列(へいれつ、parallel)でしょう。「Things that have been filled up and the heart that has been lost by love」

    言葉手にした:
    「手にした」のは「私」ではなく、「人」でしょう。「手にする」は「手に入れる」と同じですね。

  2. そうですね、そういうふうに言えば、ちょっと変ですね。ま、バンドだから性愛を拒否して、ロックを選ぶという事かな。。。たぶんこの歌とバンドの名前の関係を直接に解するより、もっと簡単な理由があると思います。ギルガメッシュがこの神の気持ちを伝えたかったので、彼女の話について歌詞を書いたんですが、それ以外にもっと深い意味が別にないかもしれません。たぶんこの歌の場合にはギルガメッシュよりイシュタルは大切だと思います。

    イシュタルの神話はとても面白くて、悲しいだと思います。性愛の神なのに本当の愛を見つけられなかったので、悲劇のような話ですね。砂漠と鉾についての分は昔のバビロンのイメージをよく表していると思います。ですからこの歌はとてもいい雰囲気があります。愛の痛みと孤独、そして関係が崩れている恋人の想いをきれいに伝えています。

  3. >バンドだから性愛を拒否して、ロックを選ぶという事かな。。。
    ははは!「バンドマンは女よりロックだ」ということですか?逆の人が多いような気もしますが^^;

  4. ー> 数えた本当の孤独
    歌詞が間違う。「教えた本当の孤独」だ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s