アンドロメタモルフォーゼ ~ Plastic Tree

「アンドロメタモルフォーゼ 」
Plastic Tree

体温計
赤いモノ
上昇してく僕の熱

心なら
メタモルフォーゼ
欠けてく君の分

いずれ命 燃えてきます
灰になり 砂になり
それならば 最初で最後
僕らが出逢えた事

名を呼んで 名を告げて
透明じゃない僕にして
食べかけの月が僕を冷たく睨んでる
未来まで一緒にさ 行けたならよかったな
してあげたい出来ない事がたくさんあるんだよ

夢ならね 覚めないで 幾億の夜を越え
銀河にね 囲まれて 巡り会うの アンダーワールド
どんなにね 暗くても すぐに見つけだせるよ
記憶のね 糸たどり きっと そこにいくよ

臆病なる魔法使い

愛の呪文
リフレイン

胸に宿す花なら 全部腐ってて酷い色
苦しくて うれしくて 切なくて 恋しくて
こんなにね 咲いてるのに ひとつもあげれない

夢でもね 消えないで 幾億目の夜なの?
銀河にね 埋もれて はぐれてしまう アンダーワールド
月からね 吹く風で 涙もいつか乾いて
そしたらね どこまでも ずっと 歩いてけそう

‘Andrometamorphose’
by Plastic Tree

A thermometer
Something red
My rising temperature*

If it’s my heart,
Metamorphose,
The piece of you that’s fragmenting

Someday life will burn away,
Turn to ash, turn to sand,
If that’s how it is, then the beginning and the end
was when we met

Call my name, tell me your name,
Make me no longer unclear,**
The half-eaten moon is glaring coldly at me,
I wish I could have been together with you forever, on into the future,
There are so many things I wanted to do for you, but couldn’t

If in a dream, continuing on for a hundred million nights without waking up,
We meet in the underworld, surrounded by the Milky Way,
No matter how dark it is I’ll be able to find it right away,
Following the thread of my memories, I’ll surely make my way there

A cowardly magician

A love spell
A refrain

The flowers I keep in my heart, are all rotten and awfully coloured,
Painful, joyful, heartbreaking, and beloved,
Even though they’re blooming like this, I can’t give a single one away

Don’t disappear, even if it’s a dream.  How many hundred millions of nights have passed?
Lying hidden in the Milky Way, I’ve lost my way in the underworld,
The wind that blows from the moon will one day dry my tears,
And then, no matter where, I think I’ll always be able to walk onward

* This word can also mean ‘fever’.
** ‘透明じゃない’ literally means “not clear” as in transparency, but of course there’s other implicit connotations of that phrasing.

3 thoughts on “アンドロメタモルフォーゼ ~ Plastic Tree”

  1. この歌詞のタイトルはどういう意味なんでしょうか?歌詞の内容とタイトルの関係がよくわかりませんでした… (T_T) アンタレスさんはわかりましたか。

    *翻訳について*

    それならば 最初で最後/僕らが出逢えた事:
    「最初で最後」というのは、「始まりと終わり」ではなく「初めてのことと最後のこと」という意味です。英語だと、「be the first time and the last time」になります。

    名を呼んで 名を告げて:
    「名を告げる」というのは、「自分の名前を言う」ということではないでしょうか。ここでは「Call my name / Tell your name」だと思うのですが。

    透明じゃない僕にして:
    ここの「する」は「make 」ではないでしょうか。「僕は今、透明だ。そうじゃないようにして」という意味だと思います。

    夢ならね 覚めないで 幾億の夜を越え/銀河にね 囲まれて 巡り会うの アンダーワールド:
    「幾億の夜を超え」は「巡り会う」を説明しているんじゃないかと思います。「Crossing over a hundred million of nights, we meet [in] the underworld surrounded by the Milky Way」?

    臆病なる魔法使い:
    ここの「なる」は古典の「である」の形で、「臆病な魔法使い」という意味です。

    夢でもね 消えないで 幾億目の夜なの?:
    「消えないで」で1回文が終わると思います。そして「幾億目」の「幾」は「何」と同じでしょう。「Don’t disappear even if it’s a dream. How many hundred million of nights do precede it?」

  2. 私はこの歌が大好きですが、タイトルがちょっと分かりにくいですね。しかし言葉をよく見ると分かれると思います。’andro’はギリシャ語から来て、’metamorphose’はフランス語から来ると思いますが、’andro’の意味は「男」なので、’metamorphose’は「変態」か「変化」です。しかし’metamorphose’は「精神的な変化」だけではなく、「大人になる」という意味もあるかもしれません。ですから、この曲のタイトルと内容の意味はこの男の精神的な成長だと思います。つまり、歌詞は主人公の考え方がある経験のおかげで変わったという事を伝えています。歌詞のテーマは変化と希望だと思います。

  3. なるほど!「男の成長」という意味なんですね、きっと。和製英語のほうがかっこよく聞こえると思ったんでしょうか…。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s