最果てのパレード ~ メリー

「最果てのパレード 」
メリー

風が通り過ぎてく 体をすり抜けて
いつしか色褪せボケてしまった 空の最果てで逢おう

酸化して茶色に染まる どこかのネジが取れたみたいだ
ブラックアウト記憶喪失 沈黙した部屋
ピンクゾーン ブラックホールに突き落とされた
暗闇で絡み付く手足が

目を覚ませ 悲鳴をあげて 焼き尽くせ 全てを
目を覚ませ 悲鳴をあげて 焼き尽くせ 全てを

風が通り過ぎてく 体をすり抜けて
いつしか色褪せボケてしまった 空の最果てで逢おう

ロマン主義 衰退期 懐疑的 しがみ付け幻影に
カラカラと空回りする 空中大車輪 奇妙なマスカルチャー
此処は何処?私は誰? 速度が速すぎて見失う 奇抜なサブカルチャー

目を覚ませ 悲鳴をあげて 焼き尽くせ 全てを
目を覚ませ 悲鳴をあげて 焼き尽くせ

風が通り過ぎてく 体をすり抜けて
いつしか色褪せボケてしまった 空の最果てで…

生暖かい風が吹いてる…。
矛盾だらけの世界で溶けそうなキミがフッとボクに笑いかけた…。

目を覚ませ 悲鳴をあげて 焼き尽くせ 全てを

この世の終わりでまたで逢おう…。

‘Saihate no Parade’ {‘The Farthest End’s Parade’}
by Merry

The wind keeps passing through, slipping around my body,
Let’s meet at the farthest reaches of the sky that unnoticed, spaced out and lost its colour,

Rusting, tinting brown, as if somewhere a screw was removed,
Black out memory loss, a room that fell silent,
Pushed into a pink zone, black hole,
Limbs entwined in darkness…

Open your eyes! Let out a scream! Burn and exhaust, everything…
Open your eyes! Let out a scream! Burn and exhaust, everything…

The wind keeps passing through, slipping around my body,
Let’s meet at the farthest reaches of the sky that unnoticed, spaced out and lost its colour,

Romantic principles’ age of decline, indecisively cling to illusions,
Hollow and desolate*, going ’round in circles, a giant swing in mid-air, a strange mass culture,
Where is this place? Who am I?  The speed goes too fast and I’m losing sight of the eccentric** subculture,

Open your eyes! Let out a scream! Burn and exhaust, everything…
Open your eyes! Let out a scream! Burn and exhaust, everything…

The wind keeps passing through, slipping around my body,
Let’s meet at the farthest reaches of the sky that unnoticed, spaced out and lost its colour…

A lukewarm wind is blowing…
In a world full of contradiction, you who looked like you were going to melt went “Pfft” and flashed a grin at me…

Open your eyes! Let out a scream! Burn and exhaust, everything…

Let’s meet again at the end of this world***

* An alternate meaning could be ‘laughing loudly’.
** Meaning original, unconventional, and outrageous.
***  Another way to read this might be society or age.

新しい単語:
酸化=さんか oxidation, rust
喪失=そうしつ to lose, forfeit
沈黙=ちんもく to refrain from speaking, fall silent
突き落とす=つきおとす to push off/over something
絡み付く=からみつく entwine, coil/twine around
悲鳴=ひめい a shriek, shout, scream
主義=しゅぎ principle, belief
衰退=すいたい deteriorate, decay, decline
懐疑的=かいぎてき doubtfully, suspiciously, skeptically, uncertainly, indecisively
大車輪=だいしゃりん a large wheel; giant swing (e.g. around a gymnastics horizontal bar); an all-out effort
奇妙=きみょう odd, strange, peculiar, funny
奇抜=きばつ unconventional, wild, extraordinary, novel
矛盾=むじゅん discrepancy, contradiction, inconsistency

One thought on “最果てのパレード ~ メリー”

  1. メリーの歌は初めて聞きましたが、けっこうポップですね。でも、使われている言葉に難しいのがあったりして、面白いです。それに、言葉がただ並べられている部分がありますよね?リズムが面白いと思いました。

    ところで、「ピンクゾーン」って何ですか?次に出てくる「ブラックホール」と音が合っているから使われているんでしょうか。歌のイメージと「ピンク」という色があまり合わないと思うんですが…。

    *翻訳について*

    酸化して茶色に染まる:
    「酸化する」→「染まる」ということなので、「酸化している茶色」(rusting brown)ではないと思います。「Get oxidized and turn brown」

    暗闇で:
    この「で」は「by」じゃなくて「in」でしょう。

    しがみ付け:
    これは命令形(めいれいけい、imperative)だから、翻訳は「cling to illusions」のほうがいいような気がします。

    カラカラと空回りする:
    「カラカラ」は、ここでは中に何も入っていないときの擬態語(オノマトペア)だと思います。でも、笑っているときのオノマトペアとも考えられますね。どちらでしょう?

    速度が速すぎて見失う 奇抜なサブカルチャー:
    主人公が見失うのは、「奇抜なサブカルチャー」だと思います。これは倒置法(とうちほう、inversion)でしょう。

    ボクに笑いかけた:
    この「かける」は「食べかける」「読みかける」の「かける」とは違って、「誰かに向かってする」というような意味です。だから、ここの「笑いかける」は「smile at」とか「flash a grin」とか、そういう意味でしょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s