終わりと未来 ~ ギルガメッシュ

「終わりと未来」
ギルガメッシュ

終わりが来ても重ねたモノは残っていて
真実が無くても信じた事に意味があると思えるようになった

あの頃は変わる答え嘘だと背を向けた
でも目を離すと消えてしまいそうで恐かった・・・

奏でた声が君に届き心を掴み動かしたなら
歌う事しか出来ない僕に少し笑顔見せてくれますか?

立ち止まっては繰り返す声に惑わされていたんだ
それなのに耳を塞ぐ勇気も無くて僕は
途方に暮れてたよ・・・ずっとずっと

ほら  もう染み付いた仕草も虚しくなるだけで
忘れた頃にふと思い出す言葉・・・絞めつける

重ねた日々が嘘と叫ぶ馬鹿だねそれに気付きもせずに
交わす言葉が一つずつ僕に教えてくれてたのにね・・・

(ほら)この涙が (そっと)教えてくれた孤独と優しさ
(ほら)目の前は (もう)誰もいない静かに止まった世界

奏でた声が君に届き心を掴み動かしたなら
歌う事しか出来ない僕に少し笑顔見せてくれますか?
(ラ〜ララ…×3  ラ〜ラ〜ラ〜…)

‘Owari to Mirai’ {‘An End and A Future’}
by girugämesh

Even if the end comes, the piled up things will remain,
Even if truth doesn’t exist, I’m now able to think there was meaning in the things I believed in,

At that time, I thought the changing answers were lies and turned my back on them,
But I looked away and was afraid cause it seemed like you were going to disappear…

If my voice that performed to reach you would begin to grasp your heart…
For just a moment, would you show your smiling face to me, who can do nothing but sing?

Repeatedly standing in one place, being deceived by that voice,
Even so, I didn’t have the courage to block my ears,
I was lost and didn’t know what to do, always, always…

See, already my ingrained gestures have become futile as well,
The words I recall by chance in times when I forgot…strangle me

The accumulated days scream “That’s a lie!” but  I was stupid and didn’t realize,
even though one by one the words we exchanged were teaching me…

See, these tears…(softly) were teaching me loneliness and kindness,
See, in front of my eyes…(already) the world devoid of people stopped quietly

If my voice that performed to reach you would begin to grasp your heart…
For just a moment, would you show your smiling face to me, who can do nothing but sing?

(La~lala…x3 la~la~la~)

新しい単語:
奏でる=かなでる to perform (music)
塞ぐ=ふさぐ to hinder, obstruct, clog, fill up, close
途方=とほう a method, way of doing something, fashion
暮れる=くれる to be lost in thought, absorbed in, overwhelmed by
染み付く=しみつく to be one’s second nature, ingrained, impressed
虚しい=むなしい to be ineffective, in vain, futile

One thought on “終わりと未来 ~ ギルガメッシュ”

  1. 歌詞と音が合っていない歌ですね…(歌詞はかわいいのに、曲はハード)。

    若い頃のまちがいを寂しく思い出している感じがある歌だと思いました。歌詞を読みながら、「後悔(こうかい)先に立たず」(Hindsight is twenty-twenty)ということわざを思い出しました。

    *翻訳について*

    「途方に暮れる」はイディオムです。「be lost completely and don’t know what to do」という意味があります。

    思えるようになった
    「It seems」だと「そのように見える」というそのときだけの話ですが、「思えるようになる」はプロセスがありますね。だから、「I became able to think」でしょう。

    変わる答え嘘だと背を向けた
    「変わる答え(は)嘘だと(思って)背(中)を向けた」だと思います。「I thought the changing answers were lies and turned my back from them」

    でも目を離すと消えてしまいそうで
    翻訳では「消える」のは「私」になっていますが、これは「私」が見ている人(彼女?)が消えるのではないでしょうか。

    忘れた頃にふと思い出す言葉・・・絞めつける
    「忘れた頃に」はいつ思い出すのか説明しています。「the words that I recall by chance when I forgot」 それから、「・・・」のところには「が」が入ると思います。だから、「絞めつける」のは「言葉」で、「私」が絞めつけられているのでしょう。「the words…strangle me」

    重ねた日々が嘘と叫ぶ馬鹿だね/それに気付きもせずに交わす言葉が一つずつ僕に教えてくれてたのにね・・・
    これは難しいですね。まず、「叫ぶ」と「馬鹿だね」の間に「。」があります。そして、「馬鹿だね」は「のに(ね)」の後に来るものです。だから、「The piled up everyday (=days we spent) screams, “that’s a lie”. I was stupid even though every word that we exchanged without knowing it taught me」という意味でしょう。

    (ほら)この涙が (そっと)教えてくれた孤独と優しさ
    「教えてくれた」のは、「この涙」で、「孤独と優しさ」ではありません。「この涙が孤独と優しさを教えてくれた」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s