真っ赤な糸 ~ Plastic Tree

「真っ赤な糸」
Plastic Tree

硝子の空に台風が来てるってさ
すごい風だろ
それだけでほら、笑う理由になる二人だよ

光まみれでもう見えなくなった
目を閉じたらこぼれてくコレは何?

さよなら ああ
あなたが好きで絡めた想い 真っ赤な糸
ほどけて ああ
魔法が解けた 僕は独りで歩いていけるかな?

硝子の空は割れた
止まっていた世界 動きはじめた
僕ら以外は全部、吹き飛べってはしゃぐんだ

話したい事がたくさんあった
生まれ変わるなら君になりたいな

さよなら ああ
会えなくなるね 結んだ想い 真っ赤な糸
ゆびきり ああ
やさしい嘘に騙されながらいれたらいい

うわごと ああ
名前を呼んだ 呪文みたいに繰り返した
忘れない ああ
あなたの声も いろんな顔も 紡いだ心も

さよなら ああ
あなたが好きで絡めた想い 真っ赤な糸
ほどけて ああ
魔法が解けた 僕は独りで歩いていく
さよなら ああ
会えなくなるね 結んだ想い 真っ赤な糸
ゆびきり ああ
やさしい嘘に騙されながらいれたらいい
さよなら ああ
さよなら ああ

‘Makka na Ito’ {‘Crimson Thread’} *
by Plastic Tree

They say there’s a typhoon coming in the glass sky,
The wind is strong, isn’t it?
See, just like that it becomes our reason to smile,

Surrounded in light, I can no longer see,
What is this that spills when I close my eyes?

Goodbye, ah…
I liked you and forced your feelings, the crimson thread
It’s becoming untied, ah…
The magic was unraveled, can I go on walking by myself?*

The glass sky cracked,
The world that had stopped began moving,
Merrily telling everything besides us to be blown away,

I wanted to talk to you so often,
If I am reborn, I want to become you,

Goodbye, ah…
We don’t meet anymore, do we.  Our tied feelings, the crimson thread,
A pinky promise, ah…
I’d be content with continuing to be deceived by gentle lies,

Incoherent mumbling, ah…
I called out your name, repeated it like an incantation,
I won’t forget, ah…
Your voice, your various faces, and your heart from which the thread was spun,

Goodbye, ah…
I liked you and forced your feelings, the crimson thread
It’s becoming untied, ah…
The magic was unraveled, can I go on walking by myself?*

Goodbye, ah…
We don’t meet anymore, do we.  Our tied feelings, the crimson thread
A pinky promise, ah…
I’d be content with continuing to be deceived by gentle lies,
Goodbye, ah…
Goodbye, ah…

* The phrase “crimson thread” refers to the concept that two people fated for each other are tied together by an invisible red string (usually on their finger).

** An alternate meaning is: “living my life”.
新しい単語:
まみれ= to be stained, smeared
解ける=とける to solve, to be untangled, untied, undone, unraveled
割れる=われる to crack open, break, burst
はしゃぐ= to be merry, in high spirits
じゅもん= an incantation, spell
紡ぐ=つむぐ to pull fibres and spin thread/yarn

One thought on “真っ赤な糸 ~ Plastic Tree”

  1. 竜太朗の悲しい歌声は、この歌詞と合っていますね。前、翻訳した「リプレイ」はもうちょっと元気がある歌でしたが、これは涙が出てくるような切ない歌だと思いました。

    日本では運命の人とは、「赤い糸で小指が結ばれている」と言うんですが、この歌はそれに基づいていますね。「赤」よりも赤い「真っ赤な」糸で結ばれていたというのは、二人の強いつながりを感じますが、別れてしまったようですね。悲しい…。ところで、英語にも「赤い糸で結ばれている」というような表現はありますか。

    関係ないんですが、ビデオの竜太朗の横顔(profile)が「DEATH NOTE」のLに見えました…。

    *翻訳について*

    硝子の空は割れた
    止まっていた世界 動きはじめた
    僕ら以外は全部、吹き飛べってはしゃぐんだ

    「吹き飛べって」の「って」は「〜と言って」という意味です。「言う」のは「泊まっていた世界」でしょう。だからこの最後のところは、「(the world that stopped) are merry, in high spirit, telling everything besides us to blow up」でしょう。

    他は完璧です (^_^)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s