凍える夜に咲いた花 ~ D’espairsRay

「凍える夜に咲いた花」
D’espairsRay

振り返るその景色にキミの影を探していた…

安らぎを求め過ぎて傷つけ合う二人
凍えた孤独は寒空に昇り花を降らせた

崩れていく予感の中 立ち尽くしていた
白く光り優しかった 掌で消えた花のように

雪が歌う夜に君を憶うよ
凍りついたこの部屋で
色褪せた記憶は眩しいくらい
孤独に染める…

積もってく過去が今を造りあげる
癒せない傷も間違いじゃない いつか言えるから

今は違う空を見上げ 渡って行けるはず
息を白く染める頃に蘇る記憶 君を連れて
戻せない時間を悔やまぬように
与えられた時が現在
鮮やかな世界を廻るmerry-go-round
孤独と揺れて…

花のように枯れてしまっても
君を憶い 君を感じ 翔けぬける季節、胸の中で…

雪が歌う夜に君を憶うよ
凍りついたこの部屋で
憧れた未来を待ち望むように
孤独を生きて…

* In this part Hizumi actually sings「今」(いま), not 「現在」(げんざい).

~♦~

‘Kogoeru Yoru ni Saita Hana’
{‘Flower that Blooms in the Frozen Night’}
by D’espairsRay

Looking back at that scenery, I was searching for your shadow in it…
Longing for calmness too much, the two of us got hurt,
The frozen loneliness ascended the wintry sky and snowed down like flowers

Within a crumbling premonition, I remained standing in place,
Like the white, gently shining flower that disappeared from the palm of my hand

On nights when the snow sings, I remember you,
My faded memories of you that were frozen within this room,
dye everything in glaringly bright loneliness…

The past that keeps piling up is shaping the present,
This wound that cannot heal is also not a mistake, because someday I’ll be able to say it…

Now that I’m looking up at a different sky, I should be able to cross over,
My memories that resurrect around the time of year when my breath is tinted white, bring thoughts of you,
In order to stop regretting times I cannot return to,
The moments I was given (are now passing with the turning of) the vivid world,
A merry-go-round that dodders along with my loneliness…

Even if you wither away like a flower,
I will remember you, I will feel you, the seasons soar forth, in my heart…

On nights when the snow sings, I remember you,
my faded memories of you that were frozen within this room
as if eagerly awaiting the desired future,
I live in loneliness…

新しい単語:
影=かげ shadow
安らぎ=やすらぎ calmness, serenity, peace of mind
求める=もとめる to hope, wish, long for, want
凍える=こごえる to freeze, be benumbed, chilled
孤独=こどく solitude, loneliness, isolation
予感=よかん premonition
立ち尽くす=たちつくす to continue/remain standing in the same place for a long time
染める=そめる to change colour, stain, imbue, tinge, dye
癒せる=いやせる to be able to heal, cure
蘇る=よみがえる to revive, resurrect

One thought on “凍える夜に咲いた花 ~ D’espairsRay”

  1. 私が大好きな曲の1つで、よくiPodで聴いています。D’espairs Rayの曲の中でも名曲に入りますね。

    「凍える夜」だから冬の曲だと思うんですが、そのときに「咲く花」はどんな花なんでしょうか。この比喩(ひゆ、figure of speech)は何かと考えました。「花」はこの歌の主人公が別れた彼女(「君」)を憶う気持ちでしょうか。

    寂しい曲なんですが、歌詞の最後のほうにちょっと力強さも感じます。antaresさんはどう思いますか。

    *翻訳について*
    白く光り優しかった 掌で消えた花のように=「白く光り優しかった」も「花」を説明していると思います。だから「like the flower that shined white and was gentle and disappeared in the palm of my hand」でしょうか。

    凍りついたこの部屋で=この部屋で「君を憶う」んじゃないでしょうか。これは「倒置法(とうちほう)」(inversion)だと思いましたが…。

    色褪せた記憶は眩しいくらい孤独に染める=「are dyed by a glaringly bright loneliness」だったら、「染められる」だと思います。この歌詞は「my faded memories dye (something) lonely and it’s nearly bright」でしょうか。でも何を「染める」んでしょうね。「憶い」でしょうか。

    いつか言えるから=これは「when」じゃなくて「because」だと思うんですが。

    息を白く染める頃に蘇る記憶=「息〜蘇る」は「記憶」を説明しているので、ここの翻訳は「The memories that revive around the time when (something) dyes the breaths white」だと思います。「冬」ということでしょう。

    戻せない時間=「return to」は「戻る」(intransitive)です。「戻す」は「rewind」とか「return something」(transitive)です。

    悔やまぬ=この「ぬ」は古典(こてん、classical)で「ない」という意味です。
    だから、「not regret」ですね。

    戻せない時間を悔やまぬように=「in order not to regret the time that we cannot rewind」

    与えられた時が現在鮮やかな世界を廻る=「廻る」のは「与えられた時」でしょう。「The time we were given now goes around the vivid world」

    孤独を生きて…=「live in loneliness」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s