少年 ~ 黒夢

少年
黒夢

優しげなこの街ではモラルという手錠が
味気ないガム噛んでる僕の腕に掛けられそう
Baby 人の群れが、同じ顔で、通り過ぎて行く…

無理してでも明日は不自由さを取り除きたい
急いでる姿を見て、世捨て人が馬鹿にした

Sunday 静かに無気力過ぎて笑えないから
Myself 手のひらを胸にあてた あの日

そう、微かにドアが開いた
僕はそこから抜け出すだろう
この狭い地下室では何か狂っている 狂っている
わずかな願いを握り締め 少年は信じてた
誰の声より誰の夢より逆らう事 逆らう事

認められない奴がしてた、とても高価なネックチェーン
「少しも似合わないね」目を逸らして
撥ね除ける

Oneday 気怠くタバコの煙り吐き出していた
Someday 素直に想うままにしたい

そう、確かにドアが開いた 僕は振り返らないでいよう
この汚い楽園は心、 無くしている 無くしている
わずかな戸惑い消す様に 少年は歌ってる
誰の真似より誰の言葉より疑う事 疑う事

そう、微かにドアが開いた
僕はそこから抜け出すだろう
この狭い地下室では何か狂っている 狂っている
わずかな祈りを繰り返し 少年は信じてる
誰の声より誰の夢より 逆らう事 逆らう事
逆らう事 逆らう事 Boy!

少年は信じてた 少年は夢みてる
少年は歌ってる いつまでも歌ってる
いつまでも×5

‘Shounen’ {Boy’}
by Kuroyume

Handcuffs called “morals” exist in this gentle neighborhood,
Chewing tasteless gum, they’ll be put on my arms,
Baby, crowds of people with the same face, too accepted and unable to leave…*

Even if we’re trying to do the impossible, tomorrow let’s get rid of destitution,
Looking at the hurrying figures, the recluse made fun of them

Sunday passes quietly in lassitude because I can’t smile,
Myself, I placed my hand over my chest on that day

Yes, the door opened just a fraction,
Surely from there I could slip away,
In this confined basement something went mad, went insane,
Tightly grasping a meager wish, the boy believed,
Defiance, disobedience against who’s voice, who’s dream

An expensive neck chain, worn by an unacknowledged guy,
“It doesn’t suit him at all” Averting their eyes,
pushing him aside

One day, listlessly exhaled cigarette smoke
Someday, I want to think for myself

Yes, surely the door opened, and I won’t look back,
This sullied paradise in my heart, is being lost, being lost,
In order to erase this slight confusion, the boy is singing,
Doubting, doubting who’s imitation, who’s words

Yes, the door opened just a fraction,
Surely from there I could slip away,
In this confined basement something went mad, went insane,
Repeating a small prayer, the boy believed,
Defiance, disobedience against who’s voice, who’s dream

Defiance, disobedience, Boy!
The boy believed, the boy dreamed

The boy sang, forever singing

Forever (x5)

* The implied meaning is: they are accepting of and thus accepted by the neighborhood/society, and unwilling or unable to leave it.

新しい単語
手錠=てじょう handcuffs
味気ない=あじけない weariness, irksome; insipid, tasteless
群れ=むれ crowd, flock, group
世捨て人=よすてびと hermit, recluse
無気力=むきりょく lethargic, lassitude
微か=かすか faint, dim, weak, hazy, indistinct
狂るう=くるう to go insane/mad; to get out of order
握り締める=にぎりしめる to grasp tightly
逆らう=さからう to go against, oppose, disobey, defy
高価=こうか high price
逸らす=そらす to turn away, avert
撥ね除ける=はねのける to push aside, brush/thrust aside
気怠い=けだるい languid, listless
素直=すなお obedient, meek, docile
戸惑い=とまどい to lose one’s bearings; confusion

2 thoughts on “少年 ~ 黒夢”

  1. 若い歌ですねえ。若い人は逆らうという内容でしょうか。でも、何に逆らうんでしょうね。大人?社会?それとも、つまらない人生を送っている自分?antares489さんはきっとこの歌で出てくる男の子ぐらいの年でしょうね。何か共感する(きょうかん、sympathize)ところがありますか。

    言葉と文法について

    味気ない=これは、「あじき」ではなく、「あじけ」と読みます。

    AすぎてBできない=too A to do B(ここでは「過ぎて」は「時間がたつ」という意味じゃありません。)

    微かにドアが開いた=ドアが少しだけ開いた

    誰の声より、誰の夢より=ここの「誰の」は「どんな人の」という意味

    「認められない奴がしてた」は「とても高価なネックチェーン」を説明しています

    素直に想うままにしたい= “obediently”は「素直に」という意味ですが、「何に/誰に素直に」?ここでは、「自分が好きなようにしたいという意味でしょう。

    振り返らないでいよう=振り返らずに、今のままでいる(〜ている=remain)まだ振り返っていないから、「didn’t look back=振り返らなかった」は違いますね。

    この汚い楽園は心、無くしている=「心」は「汚い楽園」の心でしょう。

    わずかな祈りを繰り返し=少ない祈りを何度もして

  2. そうですね。私にはたぶん一番共感できるところは第一と第二段落だと思います。若い人はよく今自分が生きている人生についてこのような不満を感じていると思います。ですから、何に逆らうかよく分からないかもしれないけど、この「逆らいたい!」という気持ちは強くて、当たり前な事だと思います。この歌の主人公はたぶん「不満だから、逆らうしかない」と思っているでしょう。それに時々若者にとって、何に逆らうかより、その逆らう心は大事かもしれません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s