渦 ~ Kagrra,


Kagrra,

独り立ち止まり 昊を見上げ問い掛ける
この世界に於ける 存在の理由とその意味を

誰しもが抱えた 誕生も終焉もまた 哀しみを訴える

咲いて 香り 枯れて 滅びる 生まれ死に逝く幾度も
朽ちて 還り そして 芽を葺く 人は何処へ向かうのだろう?

形を成す物は 壊れるからこそ美しい
果敢ない夢ほど 輝きを放つ塵と燃える

天と地の狭間で 揺れ動く思考の渦に 結末は或るのか

咲いて 香り 枯れて 滅びる 生まれ死に逝く幾度も
朽ちて 還り そして 芽を葺く 人は何処へ向かうのだろう?

命の意味を どれほど求めても 救いの神は微笑みを浮かべるだけ

咲いて 香り 枯れて 滅びる 生まれ死に逝く幾度も
朽ちて 還り そして 芽を葺く 人は何処へ向かうのだろう?

‘Uzu’ {‘Swirl’}
by Kagrra,

I stop, standing alone, looking up at the sky to ask a question,
The reason for and meaning of existence in this world,

The burden of birth and demise that everyone carries with them, appeal to your sorrow,
A blooming fragrance, withers and perishes, birth and death pass away many times,
That which rots will return and sprout up again.  To what place do you suppose people go?

Things of an established form are beautiful because they can be broken,
More fleeting than a dream, burn radiantly and become dust,

In the interval between heaven and earth, in the whirl of trembling thoughts, is there any conclusion?

A blooming fragrance, withers and perishes, birth and death pass away many times,
That which rots will return and sprout up again.  To what place do you suppose people go?

No matter how long we seek the meaning of life, the god of salvation just wears a smile,

A blooming fragrance, withers and perishes, birth and death pass away many times,
That which rots will return and sprout up again.  To what place do you suppose people go?

新しい単語
独り立ち=ひとりたち being independent; standing on one’s own
見上げる=みあげる to look up at
問い掛ける=といかける to ask a question
於ける=おける in; at
抱える=かかえる to hold or carry under/in the arms; to have on one’s hands
誕生=たんじょう birth; creation
終焉=しゅうえん demise
訴える=うったえる to sue/take to court; appeal to; complain
枯れる=かれる to wither
滅びる=ほろびる to be ruined, perish, go under
逝く=ゆくto die, pass away
幾度も=いくども many times
芽=め sprout
葺く=ふくto thatch, cover
成す=なす to accomplish, achieve, establish
果敢ない=はかない fleeting, transient
放つ=はなつ to fire, hit; release, set free
塵=ちり dust, dirt
揺れ動く=ゆれうごくto tremble
思考=しこ thought, thinking
求めて=もとめる to look for, seek
浮かべる=うかべる to float; express, look

7 thoughts on “渦 ~ Kagrra,”

  1. 一志の声はあいかわらずすてきですね〜。でもこの髪型はちょっと…。

    Kagrra,の歌詞は難しい言葉がたくさんありますが、とても美しいと思います。この歌の歌詞もそうですね。死ぬことや滅ぶことがテーマですが、それが絶対に悪いことではなくて、人に生きることは何かを考えさせることとして、ポジティブにとらえられていると思いました。Antares489さんはどう思いますか。

    言葉と文法について
    *この漢字は普通使うのと違いますね。辞書では「芽が吹く」と、「吹」という漢字が使われています。「芽が吹く」で「芽が出る」という意味です。

    独り立ち止まり=独りで立ちながら止まっていて(「独り立ち」は「be independent」ですが、ここでは、「独り」「立ち止まって」です)

    哀しみを訴える=哀しいと強く言う

    咲いて 香り 枯れて 滅びる=咲く→香る(いいにおいがする)→枯れる(死ぬ)→滅びる

    朽ちて 還り そして 芽を葺く=朽ちる(死ぬ)→還る→芽をふく(芽が出る)

    AほどB=AばAほど、もっとB

    果敢ない夢ほど=夢ははかなければはかないほど

    輝きを放つ塵と燃える=燃えて、光を出す塵になる

  2. そうですね、Kagrra,の歌詞はとても難しいけど、すごくきれいで、深い意味がありますね。特にこの歌は具体的じゃない事についてので、複雑な表現を使います。でもそういう歌詞はKagrra,の「Neo-Japanesque」と言うスタイルによく合わせると思います。この歌のテーマについて、私はyukkiの意見と賛成です。死や滅ぶことは命みたいに自然なことです。この歌詞を読む時私は仏教の転生と生死のアイデアを思い出しました。その考え方はとてもポジティブと思います。そしてこの歌の中で、大好きなところの一つは「形を成す物は 壊れるからこそ美しい」です。このラインには「死があるから命は大切で、美しい」という意味があると思います。

  3. Hi adenade,

    Thanks so much for reading my translation and wanting to use it in your video! ^_^ You have my permission, so feel free to go ahead and use it for subs.

  4. Wow, the video is really nicely done, good job!🙂
    Thanks again for choosing my translation to be in it! It makes me really happy to see it being put to good use so people can understand the songs better.

  5. Oh, no! I should be the one thanking you for allowing your translation to be used! I always liked kagrra’s songs and always wanted them to be subbed and it’s great being able to sub them with good translations! Thank you (:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s